August 8, 2018 / 11:48 PM / 7 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドルが1カ月ぶり安値、中銀のハト派姿勢で

[シドニー 9日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが対米ドルで1カ月ぶり安値に急落。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)がこの日、政策金利を過去最低の1.75%に据え置くとともに、2020年まで同水準で維持すると表明し、5月時点の見込みよりも長い期間にわたり現状を維持する方針を示したことが要因。

NZドルは一時、7月初め以来の安値となる0.6698米ドルを記録。0.6688米ドルを割り込む場合、2016年5月以来の安値となる。

NZドルは対豪ドルでは8カ月ぶり安値となる1.1096NZドルを付けた。

NZ中銀は5月時点で、2019年末頃に政策金利を引き上げるとの見通しを示していた。

中銀は今回、19年の国内総生産(GDP)成長率見通しを3.1%から2.6%に引き下げた。

ウエストパックのNZ戦略責任者、Imre Speizer氏は「中銀がけさ示したハト派姿勢は市場にとってサプライズだった」と指摘。中銀が景気鈍化のリスクも確認したことで、ハト派シグナルに対する市場の反応が1日続く可能性はあるとした。

一方、豪ドルは対米ドルで堅調。0.7437米ドルと1週間ぶり高値付近で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below