February 7, 2018 / 11:29 PM / 13 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドルが1カ月ぶり安値、中銀のハト派的姿勢で 豪ドルも軟調

[シドニー 8日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではニュージーランド(NZ)ドルが1カ月ぶりの安値。NZ中銀が政策金利を過去最低の1.75%に据え置いたほかインフレ見通しを引き下げ、ハト派的な姿勢を示したことを受けた。

NZドルは一時、1月前半以来の安値となる1NZドル=0.7209米ドルまで値を下げた。直近では0.7236米ドル。

ウエストパックのエコノミスト、ドミニク・スティーブンス氏は「声明文を読んだところ、NZ中銀がやや一段とハト派になったというのがわれわれの第一印象だ。プレスリリースの全体的なトーンとしては、現在の低インフレを甘受しているように感じた」と述べた。

豪ドルは1%安の1豪ドル=0.7820米ドル。1月前半以来の安値水準。

豪ドル、NZドルはともにオーバーナイトで売られた。米国債利回りが上昇し、米ドルが上昇したほか、コモディティー(商品)安となったことが背景。

豪ドルは対円で最も下げがきつく、最近付けた2カ月ぶりの安値に接近。直近では1.3%安の85.49円。

豪国債先物は軟調。3年物が2ティック安の97.830、10年物が2.5ティック安の97.1350。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below