September 30, 2019 / 5:09 AM / 21 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドルが4年ぶり安値圏、中銀理事会控え豪ドル軟調

[シドニー 30日 ロイター] - オセアニア外国為替市場でニュージーランド(NZ)ドルは約4年ぶり安値に下落。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が発表した9月のニュージーランド企業信頼感指数が約11年半ぶりの低水準を記録したことが嫌気された。景気・インフレ押し上げに向け、先月利下げを実施したNZ中銀はさらなる対応を迫られる可能性がある。

オーストラリア準備銀行(豪中銀)理事会を翌日に控え、豪ドルも軟調。今回の理事会では、過去最低となる0.75%への利下げが予想されている。

0357GMT(日本時間午後0時57分)時点でNZドルは0.44%安の0.6266米ドル。一時、0.6257米ドルまで下げる場面もあった。先週に付けた4年ぶり安値の0.6255米ドル付近で推移している。

金融市場はNZ中銀が11月に政策金利をさらに25ベーシスポイント引き下げ、0.75%とする確率を約65%織り込んでいる。投資家はニュージーランド経済研究所(NZIER)があす発表する企業の四半期調査に注目している。

豪ドルは0.15%安の0.6757米ドル。

金融市場は10月1日の理事会で25bpの利下げが決まる確率を76.5%織り込んでいる。利下げは今年3度目となる。

豪政府債先物はまちまち。3年債は横ばいの99.33、10年債は2.5ティック安の99.035。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below