Reuters logo
シドニー外為・債券市場=NZドルは底堅い、豪ドルは小幅安
2017年11月7日 / 01:19 / 17日後

シドニー外為・債券市場=NZドルは底堅い、豪ドルは小幅安

[ 7日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが2週間ぶりの高値圏で底堅い値動き。NZ新政権が公表した準備銀行(中央銀行)の改革案に為替レートの目標設定が含まれず、安心感が広がった。

ロバートソンNZ財務相は中銀の具体的な改革案を公表。雇用最大化や政策決定における委員会方式の導入、金融政策決定会合の議事録公開などを盛り込んだ。

ただ為替レートに関する言及はなく、新政権による低い水準でのNZドル目標設定に対する懸念が和らいだ。

NZドルは改革案発表後に約0.25米セント上昇の0.6946米ドルとなった。10月24日以来の高値水準である6日高値(0.6958米ドル)に接近している。

ウエストパック銀行の主任エコノミスト、ドミニク・スティーブンス氏は「(今回の改革案は)伝統的な金融政策を好む投資家にとってポジティブに映ったようだ」と指摘。「NZドルの低め誘導が排除されたことがおそらくNZドル高の背景」との見方を示した。

豪ドルは0330GMT(日本時間午後0時30分)のオーストラリア準備銀行(RBA、豪中央銀行)理事会を控え小幅安。

ロイター調査によると、RBAは政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置く見通しとなっている。

一方、原油や鉄鉱石、銅など商品価格の上昇が豪ドルを下支えした。

NZ国債価格は下落。利回りは長期ゾーンで3─3.5ベーシスポイント(bp)、短期ゾーンで2─2.5bp上昇した。

豪国債先物も下落。3年債は2ティック安の98.050、10年債も2ティック安の97.3950。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below