February 13, 2019 / 2:48 AM / 8 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドル上昇、中銀声明受け弱気派失望

[シドニー 13日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではニュージーランドドル(NZドル)が上昇。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)が予想されていたほどハト派的な政策スタンスを示さなかったことが背景で、NZドルの買い戻しが入った。

NZドルは対米ドルで1.1%高の0.6811米ドルと1週間の下落分を回復した。

NZドルは、予想外に弱い雇用データを受けて中銀が今年初の会合でかなりのハト派に傾くとの見方が高まって以降、下落していた。

NZ中銀はこの日の政策会合で、政策金利を据え置き、相当な期間にわたり緩和的な政策を維持すると強調した。

政策金利を2019年と20年を通じて現在の水準で維持する方針を繰り返したが、NZドルの弱気派はその期間に21年も含まれるとみていた。

ウエストパックのNZ戦略責任者は「市場は声明をタカ派と受け止めた」と指摘した。

2年債利回りは1.62%から1.675%に上昇。スワップ金利は7ベーシスポイント(bp)上昇して1.89%。

豪ドルの対米ドル相場も0.7112米ドルに小幅上昇した。

この日発表された2月の豪消費者信頼感指数が大幅に改善した。

豪国債先物は軟化。3年物は2.5ティック安の98.325、10年物は2.5ティック安の97.8600。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below