February 12, 2020 / 3:05 AM / 17 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドル上昇、利下げサイクル終了との見方広がる

[シドニー 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが上昇。同国中銀がこの日、政策金利を予想通り据え置いたうえで、追加利下げに関する言質を与えなかったことで利下げサイクルが終わった可能性があるとの見方が台頭した。

NZドルは0.9%上昇し1NZドル=0.6460米ドル。最近つけた3カ月ぶり安値(0.6378米ドル)から上昇している。0.6504米ドルに主要な抵抗線がある。

豪ドルも0.2%上昇し1豪ドル=0.6726米ドルで推移している。

ニュージーランド準備銀行(中銀)は今年初の政策決定会合で政策金利のオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を1.0%に据え置くことを決めた。

声明からは、必要なら追加緩和する旨の文言が消え、代わりに新型コロナウイルスの感染拡大がもたらすリスクを指摘し、ウィルスが経済に与える影響が想定を超える場合は政策を調整する余地があるとの見解が盛り込まれた。

さらに今年の想定政策金利パスも、従来の0.9%から1%に引き上げ、利下げの可能性を排除した。

ウェストパックのニュージーランド戦略責任者イムレ・スペイザー氏は「金利予想が引き上げられ、事実上、利下げサイクルの終焉が示唆された。実際、中銀は21年終盤までに1回の利上げを予想している」としたうえで「コロナウイルスがニュージーランドに深刻な影響をもたらさなければ、今年は据え置きと中銀は予想しているようだ」と述べた。

市場では、次回3月会合での0.25%ポイント利下げ観測が急速に後退し、確率は10%を切った。

NZ中銀のスタンスの変化を受け、豪中銀の利下げ観測も後退。4月までの追加緩和の可能性は16%に低下した。

豪3年債先物は3.5ティック低下し99.260。10年債先物は4.5ティック低下し98.9250。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below