May 13, 2020 / 6:04 AM / 24 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドル下落、中銀がマイナス金利の可能性に言及

[シドニー 13日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではニュージーランド(NZ)ドルが下落。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)がこの日、政策金利を据え置く一方で、資産買い入れ規模をほぼ倍に拡大し、マイナス金利も視野に置いたため、長期金利が過去最低水準に低下した。

NZドルは対ドルで約1%下落し1NZ=0.6014米ドル。

豪中銀が現段階でマイナス金利の可能性を否定していることが意識され、対豪ドルではさらにきつい下げとなっている。

豪ドルは対NZドルで1.2%上昇し1.0776NZと6カ月ぶり高値を付けた。対米ドルでは横ばいの0.6474米ドル。

NZ中銀はマイナス金利が将来の選択肢になると想定。ただ、現時点で金融機関は対応する準備ができていないと認識し、マイナス金利への備えについて金融機関と協議中としている。

ウェストパックのニュージーランド・チーフエコノミストは、NZ中銀がマイナス金利の可能性を示唆したとして、11月に政策金利がマイナス0.5%に下がるとの予想を維持した。

市場は2021年2月までにゼロ%に下がり、その後、マイナスになる可能性を織り込んだ。

NZ10年債利回りは11ベーシスポイント(bp)低下し過去最低の0.515%。豪10年債の0.959%を大きく下回っている。

豪10年債先物は1ティック上昇し99.0600。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below