Reuters logo
シドニー外為・債券市場=NZドル下落、労働党が連立政権樹立へ
2017年10月19日 / 07:40 / 1ヶ月後

シドニー外為・債券市場=NZドル下落、労働党が連立政権樹立へ

[シドニー 19日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではニュージーランド(NZ)ドルが急落し、4カ月半ぶり安値。9月23日の総選挙で連立政権の鍵を握る勢力に浮上したNZファースト党のピータース党首が、労働党との連立樹立に合意したことが背景。

このニュースを受けて、NZドルは米ドルに対して下げ幅を拡大。一時は1.4%安の0.7047米ドルと、5月末以来の安値に落ち込んだ。1日の下げ幅としては2016年11月以来の大きさ。

NZドルは総選挙以降、3.7%下げている。

労働党が移民などに関して強硬的な政策を掲げていることから、投資家は、労働党の勝利がNZの経済と通貨にとってマイナスになる可能性を懸念している。

総選挙前では、世論調査で国民党の支持が上昇するとNZドルは値上がりし、労働党の支持が強まると下落する傾向にあった。

一方、豪ドルの対米ドル相場は堅調。9月の豪雇用統計が予想よりも好調な内容となり、一時は0.7871米ドルに上昇した。直近では小幅高の0.7858米ドルで推移。

9月の豪雇用統計では就業者は前月比1万9800人増加し、予想の1万5000人増を上回った。失業率は5.5%と、アナリスト予想(5.6%)よりも改善した。

AMPのチーフエコノミスト、シェーン・オリバー氏は、豪ドルが雇用統計の発表を受けて反射的に上昇したとした上で「市場は雇用の増加が賃金やインフレの一段の上昇につながることを確認したい」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below