March 27, 2019 / 2:39 AM / 24 days ago

シドニー外為・債券市場=NZドル大幅下落、中銀が利下げ示唆

[シドニー 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが大幅下落した。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)が、次の政策変更は利下げの可能性が高いとの見方を示し、これまでの中立的なスタンスを変えたことから売りが優勢となった。

NZドルは、米ドルに対して1.3%下落し、2週間ぶり安値の0.6819米ドルをつけた。国債と国債先物は大幅上昇。利回りは過去最低を更新した。NZドルの支持線は0.6810米ドル近辺とみられている。

豪ドルも下げ、0.3%安の0.7115米ドル。ただ、対NZドルでは上昇した。

NZ中銀はこの日予想通り、政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を過去最低の1.75%に据え置いた。

オア総裁は声明で「世界経済見通しの弱まりと国内支出の失速を踏まえると、次のOCRの方向性は下向きの可能性が高い」と指摘した。

中銀は、主要貿易相手国であるオーストラリア、欧州、中国を中心に、世界的に景気見通しが弱まっていると指摘した。

NZ国債2年物の利回りは約9ベーシスポイント(bp)低下し1.47%を記録。2017年半ば以来の大幅な低下となった。国債先物は上昇し、少なくとも0.25%ポイントの利下げを織り込む水準となった。

NZ中銀のこの日のハト派的な姿勢へのシフトは、他国中銀の動きと類似しており、豪中銀もいずれ金融緩和を余儀なくされるとの観測がさらに高まった。

豪金利先物は、9月までの0.25%ポイントの利下げを完全に織り込んでいる。

豪国債先物3年物は2ティック高の98.630。

景気後退の予兆とされる「逆イールド」が米市場で一段と進んだことから、豪10年債利回りは今週、過去最低の1.754%にとどまっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below