Reuters logo
シドニー外為・債券市場=NZドル4カ月ぶり安値付近、連立巡り懸念
2017年10月10日 / 02:14 / 9日前

シドニー外為・債券市場=NZドル4カ月ぶり安値付近、連立巡り懸念

[シドニー 10日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが4カ月ぶり安値近辺を付けている。9月に実施された総選挙の最終開票結果が発表され、野党労働党が政権に就く可能性を巡る懸念が高まった。

NZドルは1NZドル=0.7065米ドル。前日に付けた5月下旬以来の安値に迫っている。

7日に発表された総選挙の最終開票結果では、暫定結果に比べて与党国民党が2議席減の56議席となった一方、労働党と緑の党は合わせて2議席増の54議席、連立の鍵を握るNZファーストは9議席と変わらなかった。

トリプルTコンサルティングのディレクター、ショーン・キーン氏は、最終開票結果を受けてNZファーストが労働党・緑の党と連立を組む可能性が高まったとの見方を示した。

エコノミストは、移民の流入抑制や貿易協定の再交渉などを掲げる労働党が政権に就けば、NZドルが一段と売られる可能性があるとする一方、国民党が政権を維持すればNZドルは上昇するとみている。

豪ドルは4営業日ぶりに小反発し、1豪ドル=0.7768米ドル。9月の豪企業景況感指数が2008年初め以来の高水準にとどまったことを好感した。

豪国債先物は下落。3年物は2ティック安の97.84、10年物は1ティック安の97.1400。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below