Reuters logo
シドニー外為・債券市場=1週間ぶり安値、米財政政策に懸念
March 24, 2017 / 6:30 AM / 10 months ago

シドニー外為・債券市場=1週間ぶり安値、米財政政策に懸念

[シドニー/ウェリントン 24日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルとニュージーランドドルが1週間ぶり安値。米下院は23日、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決を24日に延期し、トランプ大統領による財政政策の見通しに懸念が出ている。

豪ドルは4日続落の0.7610米ドルと、3月15日以来の安値。週間では0.7%安で、昨年12月23日以来の大幅下落となった。豪ドルは最近、代替法案の先行きを巡る懸念を受けてキャリートレードの巻き戻しが強まり、下落している。

キャピタル・エコノミクスはリポートで「代替法案が通らなければ、景気刺激策に遅れが出る可能性がある」と指摘した。

豪州の主要輸出品である鉄鉱石の価格下落も、豪ドルの売り材料。大連の鉄鉱石先物価格(9月限)は今週、約9%下落した。

対円では3日続落した後、約2カ月半ぶり安値で推移している。

NZドルは0.3%安の0.7007米ドルと、17日以来の安値。週間ではほぼ横ばいとなる見通し。

豪国債先物は下落。3年物が1ティック安の97.99、10年物は2ティック安の97.20。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below