September 10, 2018 / 3:45 AM / 16 days ago

シドニー株式市場・中盤=ほぼ変わらず、銀行株や資源株が下落

    [10日 ロイター] -   
    
 豪                  日本時間12時39    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        6,146.300   + 2.500   + 0.04  6,143.800
 指数                                                   
 前営業日終値             6,143.800                              
 
    
    10日午前のシドニー株式市場の株価は、ほぼ変わらず。米中貿易摩擦のエスカレー
トへの懸念で銀行株や資源株が下落。米連邦準備理事会(FRB)の利上げの可能性が高
まったことも、ヘルスケア関連やIT関連の上昇を相殺した。
    S&P/ASX200指数は0200GMT(日本時間午前11時)時点で、1.7
0ポイント高の6145.50。
    8月の米雇用統計で、雇用の伸びが加速し、賃金上昇も見受けられたことで、9月の
FRBが今年3回目となる利上げに踏み切ることが、事実上確実な情勢となった。
    CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は、雇用統
計が市場に12月利上げの可能性織り込みを促したと指摘した。
    ウエストパック・バンキング・コープは0.8%安、ナショナル・オースト
ラリア・バンクも0.5%安。
    マッカーシー氏は、「特に王立委員会の保険部門への調査を控え、金融株が下落した
。とりわけ保険株が取引序盤、圧迫された」と語った。
    QBEインシュアランス・グループとサンコープ・グループがそれ
ぞれ、0.8%安と0.5%安。
    ロンドン金属取引所(LME)の銅相場が約1%下落したことで、資源株が
打撃を被った。BHPは0.5%安、リオ・ティントも1.3%安とな
った。
    一方でヘルスケア株指数は0.8%高となり、総合指数を下支えた。医薬品
大手CSLが0.6%高。人工内耳大手コクレアは0.5%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below