April 3, 2018 / 3:53 AM / 6 months ago

シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、サントスが日中最高値

    [3日 ロイター] -       
 豪                         日本時間12時47   前日比      %       始値
                                        分                   
 S&P/ASX200指数<.AX       5,755.000  - 4.400  - 0.08  5,759.400
 JO>                                                         
 前営業日終値                    5,759.400                            
    
    シドニー株式市場はほぼ横ばい。素材株やエネルギー株のサントスが高いものの、金
融株の下げが若干重しになっている。
    S&P/ASX200指数       は0157GMT(日本時間午前10時57分)
時点で、前営業日終値比6.4ポイント(0.1%)安の5752.7。前営業日は0.
5%安で取引を終えた。
    4大銀行は0.3─1%安。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)<ANZ
.AX>は7営業日続落している。
    一方、ガス生産会社サントスは22.3%高と、日中ベースで史上最大の上
げ幅を記録した。米ハーバー・エナジーから104億ドルの買収案を提示されたことが好
感された。
    素材株は鉄鉱石と銅の相場上昇を背景に、BHPビリトンとリオ・ティント
がそれぞれ2.1%高。
    投資家は本日のオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)定例理事会の結果を見
極める姿勢にあり、市場では金利据え置きが予想されている。 ヒューリスティック・イ
ンベストメント・システムズの共同創業者であるダミアン・ヘネシー氏は「(中銀声明の
)表現の変化が注目されるが、変化がみられるか疑問だ」と語った。現時点でアナリスト
は利上げのタイミングを2019年3月と予想している。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below