April 26, 2018 / 4:32 AM / 6 months ago

シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、金融株が下落

    [26日 ロイター] -   
 豪                  日本時間13時29    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,910.800  - 10.800   - 0.18  5,921.600
 指数                                                   
 前営業日終値             5,921.600                              
    
    休場明け26日中盤のシドニー株式市場の株価はほぼ横ばい。豪ドル安と住宅ローン
をめぐる懸念から金融株が下落し、エネルギー株の上昇を打ち消した。
    S&P/ASX200指数は0246GMT(日本時間午後11時46分)
時点で、前営業日終値比1.40ポイント安の5920.20。前営業日の終値は0.6
%高だった。
    金融株指数は、下げ率が約2週間ぶりの大きさとなった。ウエストパック銀行<WBC.A
X>は一時4.4%下落し、約2年ぶり安値を付けた。住宅ローンに関するデータが嫌気さ
れた。他の大手3行は1─1.6%安。
    エネルギー株は、原油価格の上昇を好感して高い。ウッドサイド・ペトロリアム<WPL
.AX>は1.6%上げ、約2年半ぶり高値。オリジン・エナジーは1.8%高。
    民間医療機関2位のヘルススコープは16.3%高と、上昇率は過去最大となった。
ヘルスケア株指数は約1%上昇し、5週間ぶり高値。投資会社BGHキャピタルや退職年
金基金「オーストラリアンスーパー」などで構成する企業連合から買収提案を受けた。 
    バイオ医薬品のCSL は0.9%上昇し、約1カ月ぶり高値。医療診断の
ソニック・ヘルスケア は一時1.4%上げ、3月20日以来の高値を付けた。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below