July 11, 2017 / 4:32 AM / 6 months ago

シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、鉱業株と石油株が高い

    [シドニー 11日 ロイター] -   
    
 豪            日本時間1   前日    %    始値
                 2時59分     比        
 S&P/AS  5,717.400  - 7.0  - 0.  5,724.
 X200指数<.A                36    12     400
 XJO>                                  
 前営業日終値  5,724.436                     
 
    11日中盤のシドニー市場の株価は、ほぼ横ばい。素材株とエネルギー株が上昇して
いる。米国で本格化する4─6月期の企業決算発表と、米連邦準備理事会(FRB)のイ
エレン議長による議会証言を前に投資家が取引を手控え、薄商いとなった。
    S&P/ASX200指数        は日本時間12時59分時点で7.036ポイン
ト(0.12%)安の5717.400。
    鉄鉱石価格の続伸を好感し、鉱業株が上伸。BHPビリトンは1.2%高、
メタルズ・グループは3%高。リオ・ティントは約0.5%上昇したも
のの、前日に銅が先月27日以来の安値を付け、アルミニウムも2カ月ぶりの大幅な下げ
を記録したことが悪材料となり、上値は重かった。
    原油価格の小反発を受け、石油・ガス大型株が高い。指標銘柄のウッドサイド・ペト
ロリアムは約0.6%高、カルテックス・オーストラリアは約1%高。
  金融株は昨日に引き続いて大幅に上昇。四大銀行は0.2─0.6%上昇した。
  IGマーケッツのクリス・ウェストン氏は「(イエレン氏の議会証言を前に)ポート
フォリオのポジションの大半は定まっている。金融市場への個人的見解に少々深入りした
としても、反応は多くないだろう」と語った。その上で、「イエレン氏の現時点の見解は
市場で周知されており、今発言する内容にはそれほど意外性はない」と付け加えた。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below