April 13, 2018 / 5:38 AM / 13 days ago

シドニー株式市場・中盤=反発、シリア情勢巡る懸念後退で

    [13日 ロイター] - 
 豪                                日本時間14時3分        前日比          %           始値
 S&P/ASX200指数<.AXJO             5,837.300      + 21.800      + 0.37      5,815.500
 >                                                                            
 前営業日終値                            5,815.500                                         
 
    13日中盤のシドニー株式市場の株価は反発している。米国によるシリア攻撃への懸
念が和らいだことを受けて、世界的に株価が上昇した。
    トランプ米大統領は12日、アサド政権が化学兵器を使用したとの疑惑が出ているシ
リアへの対応について、軍事行動の具体的な時期は未定だと説明した。
    S&P/ASX200指数は0251GMT(日本時間午前11時51分)時点で、
22.1ポイント(0.4%)高の5837.6。
    資源株が上昇。鉱業株指数は1.1%上昇し、約1カ月ぶりの高値。
    リオ・ティントは一時2.4%上昇し、2月末以来の高値を付けた。BHP
ビリトンは1%高。
    金融株指数は一時0.4%高。コモンウェルス銀行(CBA)は一
時0.5%高。
    一方、エネルギー株は0.1%安。原油価格が下落した。
    米石油大手エクソンモービルはパプアニューギニアで2月に起きた地震を受
けて同社の天然ガス施設を閉鎖していたが、操業を再開した。豪パートナー企業のオイル
・サーチとサントスが13日明らかにした。
    オイル・サーチは1.1%高。サントスは0.8%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below