February 15, 2018 / 3:34 AM / 5 months ago

シドニー株式市場・中盤=反発、債券から株に資金シフト

    [15日 ロイター] -   
 豪                   日本時間12時7    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,895.200  + 54.000   + 0.92  5,841.200
 指数                                                   
 前営業日終値             5,841.200                              
 
    15日午前のシドニー株式市場は反発。米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回る伸びとなった
ことで債券が売られ、世界的に株式市場への資金流入が加速した。
  S&P/ASX200指数は0050GMT(日本時間午前9時50分)時点で、0.9%高の
5894.2。前日は0.3%安で取引を終えた。
  上伸をけん引しているのは金融株と素材株。鉱業・金属株は、中国・大連商品取引所の鉄鉱石先物がオ
ーバーナイトの取引で3週間ぶりの高値を付けたことを受けて高い。14日のロンドン金属取引所(LME
)ではニッケルが4.8%高、アルミニウムが1.8%高で取引を終えた
  BHPビリトンは4%上昇し、約10カ月ぶり高値を付けた。リオ・ティントは約1
カ月ぶり高値。
  金融株指数は0.7%高。昨年末までの上半期決算が5%増益となったオーストラリア証券取引所(A
SX)がけん引した。
  エネルギー株は、オリジン・エナジーが7.8%高と約1年ぶりの大幅上昇。中間決算がエネ
ルギー価格の上昇を受けて増益となり、通期決算の利益見通しを引き上げたことが好感された。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below