September 19, 2018 / 3:57 AM / a month ago

シドニー株式市場・中盤=反発、素材・エネルギー株が高い

    [19日 ロイター] -   
    
 豪                  日本時間12時22    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        6,194.500  + 33.000   + 0.54  6,161.500
 指数                                                   
 前営業日終値             6,161.500                              
 
    
    19日午前のシドニー株式市場の株価は素材株とエネルギー株主導で反発。世界的な
投資環境が改善したことで、商品や原油相場が上昇したことが背景にある。
    S&P/ASX200指数は0200GMT(日本時間午前11時)時点で、24.
3ポイント(0.4%)高の6185.80。
    銅と鉄鉱石相場は急伸した。米国による中国製品への追加制裁関税の実施と中国の報
復措置は材料視されず、オーストラリアの資源セクターへの需要が増した。
    BHPビリトンは2.2%上昇し、2週間ぶり高値。リオ・ティント<RIO.A
X>は2.6%上昇し、8月10日以来の高値。
    ニュークレスト・マイニングは1.5%高。セント・バーバラは一
時1.8%高。金相場が回復したことが強材料だった。
    エネルギー株も上昇。原油相場が前日上昇したことが好感された。ウッドサイド・ペ
トロリアムは0.8%高。サントスは2.5%上昇し、3年超ぶりの高
値。
    一方、銀行株は薄商いだった。CMCマーケッツのチーフ・マーケット・ストラテジ
スト、マイケル・マッカーシー氏は「金融セクターのパフォーマンスはまだら模様となっ
ている。多くの銘柄は、特別調査委員会による調査の影響が精査されている最中で、先行
きも引き続き不透明感が強い」と述べた。
  ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は0.2%安。
    CSLは1.6%下落し、1カ月超ぶりの安値を付けた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below