June 20, 2018 / 4:29 AM / a month ago

シドニー株式市場・中盤=反発、金融株が高い

    [20日 ロイター] -   
    
 豪                  日本時間13時23    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        6,152.500  + 50.400   + 0.83  6,102.100
 指数                                                   
 前営業日終値             6,102.100                              
 
    
    20日中盤のシドニー株式市場の株価は反発した。銀行株がけん引し、約10年ぶり
高値を付けた。ただ、大規模な人員削減や資産移管を発表したオーストラリア通信大手テ
ルストラ株が下げ、全体の上値は抑えられた。
    S&P/ASX200指数は0238GMT(日本時間午前11時38分)時点で、
46.5ポイント(0.8%)高の6148.60。前日は2ポイント安で終了した。
    金融株指数は1.7%上昇し、4週間ぶり高値。金融株は豪ドル安を背景に
上昇している。アルゴノート(パース)で法人向け株式売買の仲介を担当するジェームズ
・マクグルー氏は、豪ドルが一段安となり、オーストラリアの銀行株や高水準の配当利回
りが海外機関投資家を引き付けたと分析した。
    銀行業界2位のウエストパック銀行は2.4%上昇し、5月23日以来の高
値を付けた。また、コモンウェルス銀行(CBA)は1.9%上昇し、約5週間
ぶり高値。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は約2.5%高で
、2カ月ぶりの上昇率を記録した。
    ヘルスケア株も豪ドル安を追い風に上昇。バイオ医薬大手CSLは0.9%
上昇し、過去最高値。人工内耳大手コクレアは1.8%高。
    石油関連株も、原油高を材料に上昇した。サントスは2.5%上昇し、約4
週間ぶり高値。ウッドサイド・ペトロリアムは0.8%高で、3年ぶり高値付近
まで上げた。
    ただ、通信株のテルストラは約5%下落し、2011年8月以来の安値を付
けた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below