April 20, 2017 / 5:46 AM / 9 months ago

シドニー株式市場・中盤=反発、銀行株や通信株に買い

    [20日 ロイター] -    
 豪                  日本時間14時19    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,817.200  + 13.190   + 0.23  5,804.000
 指数                                                   
 前営業日終値             5,804.010                              
 
    20日中盤のシドニー株式市場は反発。3営業日続落した後、安値
拾いの買いが入った。
    S&P/ASX200指数は日本時間14時19分時点で
13.590ポイント(0.23%)高の5817.600。
    CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカー
シー氏は「インデックスも回復していたので、テクニカルな買いによっ
て支えられた」と述べた。
    銀行株は反発し、4大銀行が一時0.4─0.9%上昇した。
    通信株も上昇。通信大手テルストラは1週間ぶりの高値を
付けた。ライバルのTPGテレコムも2.2%上昇し、4月1
1日以来の高値。
    調査会社ロンセックのビル・キーナン氏は「割安株狙いの投資家は
特に通信株で買いが進んだ」と説明した。
    今月12日、TPGテレコムが携帯電話の帯域落札に成功した後、
テルストラ株は4営業日下落していた。
    一方、エネルギー株は原油安で下落し続けた。
    石油・天然ガス採掘のウッドサイド・ペトロリアムは、第
1・四半期の減収を発表したことを受けて、2週間超ぶりの安値を付け
た。
    鉱業大手リオ・ティントは、鉱石価格の下落にもかかわら
ず、年間鉄鉱石出荷量が維持できたため、1週間ぶりの高値を付けた。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below