Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=反落 素材関連安い、決算発表のカンタスは上昇
2017年2月23日 / 02:30 / 9ヶ月前

シドニー株式市場・中盤=反落 素材関連安い、決算発表のカンタスは上昇

    [23日 ロイター] -   
 豪                      日本時間11時6分     前日比        %        始値
 S&P/ASX200指数         5,792.400   - 12.699    - 0.22   5,805.100
                                                               
 前営業日終値                  5,805.099                                 
 
    中盤のシドニー株式市場の株価は反落。リオ・ティントなど軟調な
素材関連株に引きずられた。一方、良好な決算を発表したカンタス航空やカジノ
運営のクラウン・リゾーツは上昇した。
    S&P/ASX200指数 は日本時間11時6分時点で12.69
9ポイント(0.22%)安の5792.400。
    IGマーケッツの市場アナリスト、ゲーリー・バートン氏は「豪市場は決算
シーズンに入り、多くの銘柄が配当落ちを迎えており、リオも配当落ち銘柄だ」
と指摘した。
    リオは一時4.9%安と、3カ月超ぶりの大きな下げ。商いは約590万株
と、30日移動平均の2.4倍となっている。
    BHPビリトンは2.7%安。銅や原油相場の下落が重しとなった
。
    カンタスは、半期決算の基調的税引き前利益が同社の予想レンジを
上回ったことが好感され、一時6.5%上昇。10カ月ぶり高値を付けた。
    マカオやラスベガスの施設の持ち株売却などで上期純利益が75%増加した
クラウンは、4カ月ぶりの高値に上昇した。
    一方、業績見通しの引き下げと減配を発表した旅行代理店大手フライト・セ
ンター・トラベル・グループは、4年超ぶりの安値に下落した。
    アーデント・レジャー・グループも3年半ぶり安値。同社は、昨年
の死亡事故で入場者が落ち込んだ娯楽施設ドリームワールドの事業で9360万
豪ドルの減損を計上し、半期決算が赤字となった。
    その他、原油相場の下落を受け、サントスは1.6%安、オリジン
・エナジーは2.2%安。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below