March 20, 2018 / 3:30 AM / in a month

シドニー株式市場・中盤=反落、素材株が下げ主導

    [20日 ロイター] - 
 豪                     日本時間11時48分     前日比        %        始値
 S&P/ASX200指数         5,923.700   - 35.700    - 0.60   5,959.400
                                                               
 前営業日終値                  5,959.400                                 
 
    20日午前のシドニー株式市場の株価は反落。トランプ米大統領が新たな保護主義的
な貿易政策を打ち出す可能性が懸念され、コモディティー株が圧迫されている。
    S&P/ASX200指数は0038GMT(日本時間午前9時38分)時点で29
.6ポイント(0.5%)安の5929.8。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議
長就任後初めての連邦公開市場委員会(FOMC)に対する警戒感も、地合いを悪化させ
た。
    素材株指数は一時2%安と市場の下げを主導。BHPビリトンは2
.8%安、リオ・ティントは2.1%安まで下げた。
    19日には非鉄や原油相場が下げ、中国の鉄鉱石は4.5%安と約10カ月ぶりの下
落幅だった。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メー
サン・ソマサンダラム氏は「(米国は)さらなる関税措置を導入し、中国がターゲットに
なると市場はみている」と指摘。「コモディティーにとって非常にネガティブで、米国資
産に対する豪州資産のイールドプレミアムがないことを踏まえると、コモディティー相場
が下落し始めれば、豪ドルが軟化し、資源株や銀行株はアンダーパフォームする」と述べ
た。
    他の分野では、ヘルスケア株が軟調。CSLは一時2%安。
    四大銀行株は0.1─0.6%高。ただ、ソマサンダラム氏は、王立委員会による金
融業界への調査が少なくとも1年続くことを踏まえると、銀行株は軟調なままで推移する
だろうと予想した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below