March 5, 2018 / 3:08 AM / 5 months ago

シドニー株式市場・中盤=小幅続落、米鉄鋼輸入制限 伊選挙が重し

    [5日 ロイター] -   
    
 豪                  日本時間11時30    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,899.200  - 29.700   - 0.50  5,928.900
 指数                                                   
 前営業日終値             5,928.900                              
 
    週明け5日中盤のシドニー株式市場の株価は小幅続落。米国による鉄鋼とアルミニウ
ムへの高関税方針が資源株の重しとなったほか、4日行われたイタリア総選挙で、どの政
党も過半数に届かない「ハング・パーラメント」になるとの見通しが世界的に投資家の買
い意欲を後退させた。
    S&P/ASX200指数は0104GMT(日本時間午前10時04分)時点で、
前日終値比23ポイント(0.4%)安の5905.9。前営業日は0.7%安。
    米株式先物は世界的な貿易戦争への懸念から下落し、アジアの株式市場にも影響した
。
    CMCマーケッツのボラティリティー・リスクマネジャー、ピーター・スパノス氏は
「貿易戦争への懸念とイタリア総選挙のハング・パーラメントの可能性の両方が米先物に
おける売り圧力を強めている」と指摘した。
    資源株は一時1%下落し、3週間ぶりの安値。大型株のBHPビリトン<BHP.
AX>は1.5%安、リオ・ティントは1.1%安。
    金融セクターは一時0.7%安で、1週間超ぶりの安値。4大銀行は0.4
─0.9%安。
    コモンウエルス銀行は一時1.1%安で、1週間超ぶりの安値。
    S&P/ASX200指数で最大の下落率となったのは、飲食フランチャイズチェー
ン運営大手リテール・フード・グループで一時49.5%安。2日に発表した中
間決算で利益が31.8%減となったことで、2008年12月以来の安値を付けた。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below