Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=横ばい、テルストラは下落
2017年8月30日 / 04:35 / 22日前

シドニー株式市場・中盤=横ばい、テルストラは下落

    [30日 ロイター] -   
   
 豪                        日本時間13時27分      前日比        %         始値
 S&P/ASX200指数<.          5,665.300     - 3.712    - 0.07    5,669.000
 AXJO>                                                             
 前営業日終値                     5,669.012                                   
    
    中盤のシドニー株式市場は横ばい。米株高は、通信大手テルストラの下落で
相殺された。
    テルストラは一時8%安。同社は、55億豪ドルを調達する計画を断念した。
    S&P/ASX200指数       は0233GMT(日本時間午前11時33分)
時点で、2.412ポイント(0.04%)安の5666。
    テルストラ株の下落によって、電気通信指数は5.2%安となった。
    前日まで3営業日続落したS&P/ASX200指数は、朝鮮半島の緊張緩和を受け
て、米株高に追随して反発して始まっていた。
    CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、リック・スプーナー氏は「米国株はオ
ーバーナイトでしっかりした動き。シドニー株式市場は、米国株の値動きの傾向をちょう
どたどっていると思う。シドニー市場は、きょうはほぼ堅調だが、市場の全体的な方向性
は変わらないと思う」と述べた。
    生活必需品関連株が最も買われ、個別銘柄では穀物集荷・販売大手グレインコープ<G
NC.AX>が一時8.1%高、乳業ベガ・チーズも最大3.3%まで上昇した。
    金属・鉱業指数は0.4%高。在庫減少や供給停止のなか、銅やニッケルの
価格上昇が支えとなった。
    鉱山会社OZミネラルズは一時2.2%高、製鉄大手ブルースコープ・スチ
ールも一時2.9%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below