Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=横ばい、軟調な商品価格が重し
2017年9月26日 / 04:28 / 1ヶ月前

シドニー株式市場・中盤=横ばい、軟調な商品価格が重し

    [26日 ロイター] -   
 豪                  日本時間13時15    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,677.700   - 6.030   - 0.11  5,683.700
 指数                                                   
 前営業日終値             5,683.730                              
    26日中盤のシドニー株式市場はほぼ横ばい。軟調な商品価格と米株安を受けて鉱業
株、金融株が下落した一方、エネルギー株は上昇した。
    S&P/ASX200指数 は0329GMT時点で3.33ポイント(0.
06%)安の5680.4。前日は0.7%高で引けた。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズのマサン・ソマスンダラム氏は「下落の一因は
、米市場を発端にした地合いの悪化と、軟調な商品価格だ。このため、鉱業株が安くなっ
ている。特に大型株にその傾向が強い」と指摘した。
    鉱業株指数 は0.5%下げ、約5週間ぶり安値を付けた。コークス用石炭と
鉄鉱石の下落が響いた。
    コークス用石炭価格は、5%超下落。環境検査で一時閉鎖されていた中国の一部工場
が再稼働し、供給過剰懸念が高まった。鉄鉱石は、製鋼所の在庫補充の需要が弱まるとの
観測を受けて値を下げた。
    鉱業株では、BHPビリトン とリオ・ティント が0.9%下げ、
1カ月超ぶり安値を付けた。
    金融株も、米市場に追随して下落。コモンウェルス銀行 は0.5%下げ、
2週間ぶり安値となった。ただ、他の4大銀行は0.1─0.4%上げた。
    エネルギー株指数 は2.5%上昇し、約4カ月ぶり高水準となった。北海ブ
レント原油価格が、前日に2年超ぶり高値を付けたことに反応した。 
    石油・天然ガス大手サントス は8カ月超ぶり高値、同業のウッドサイド・
ペトロリアム は3.1%上昇した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below