Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=横ばい、NAB決算が圧迫
2017年11月2日 / 02:24 / 18日前

シドニー株式市場・中盤=横ばい、NAB決算が圧迫

    [2日 ロイター] -       
 豪                          日本時間11時14    前日比       %       始値
                                         分                     
 S&P/ASX200指数<.AX        5,939.500   + 1.734   + 0.03  5,937.800
 JO>                                                            
 前営業日終値                     5,937.766                              
    
    シドニー株式市場は、横ばいで推移している。金属相場の上昇を受けて素材株が値上
がりした一方、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の決算で利ざやの縮
小が示されたことで金融株が下落した。
    S&P/ASX200指数       は0052GMT(現地時間午前11時52分、
日本時間同9時52分)時点でほぼ変わらずの5937.2。
    豪銀行3位のNABは一時3.3%安と、5月16日以来の大幅下落を記録。NAB
はきょう発表した通期決算で、次年度の経費が5─8%増加するとの見通しを示すととも
に、2020年までに6000人を削減する方針を明らかにした。
    現金利益は2.5%増加し、過去最高だったが、18年度上半期にリストラ費用5億
─8億豪ドルを見込んでいる。
    ヒューリスティック・インベストメント・システムズのダミエン・ヘネシー氏は「イ
ールドカーブのスティープ化が世界的に銀行に大きく影響している」と指摘。「イールド
カーブのスティープ化は世界で一部の銀行には追い風となったが、豪銀が提供するローン
の多くは変動金利で、スティープ化の恩恵を受けない」と説明した。
    金融株指数はNAB主導で最大0.9%下落。トムソン・ロイターによると、NAB
の株価収益率(PER)は14.98。ヘネシー氏は「豪銀の株価は世界の同業に比べて
非常に割高だ。各行の株価は過去数カ月間で世界の同業並みの水準に下げてきている」と
語った。
  ニッケル相場が4%急伸し15年6月以来の高値を付け、亜鉛や銅も上昇する中、鉱
業株はBHPビリトンが2.1%、リオ・ティントが2.2%、それぞ
れ値を上げた。
  アルミナ生産のサウス32は最大5.1%急伸して上場来高値を付け、豪鉱
業株指数で上昇率トップだった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below