Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=続落、トランプ米政権の経済政策遂行力に懸念
2017年8月21日 / 04:04 / 1ヶ月前

シドニー株式市場・中盤=続落、トランプ米政権の経済政策遂行力に懸念

    [21日 ロイター] -   
 豪                  日本時間12時43    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,715.600  - 31.512   - 0.55  5,747.100
 指数                                                   
 前営業日終値             5,747.112                              
 
    21日午前のシドニー株式市場の株価は続落。トランプ米政権の経済政策遂行力に対
する疑問が高まる中で下落したニューヨーク市場の流れを引き継いだ。
    S&P/ASX200指数 は0240GMT(日本時間午前11時40分)
時点で、24.2ポイント(0.4%)安の5722.90。
    トランプ大統領は18日、「アメリカファースト(米国第一)」政策の推進役だった
スティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問を解任した。
    CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、リック・スプーナー氏は「市場は午前
、全般的に若干慎重な取引だった。この10日ほどで米市場のボラティリティーが高まっ
たが、そうした状況が反映されたのだろう」と語った。
    
    金融株が下げを主導した。4大銀行株は0.6%─1.3%安。コモンウェルス銀行
は値下がり率2位だった。スプーナー氏は「銀行株にはおそらく、好決算を受け
た上伸の後で、利食い売りが出たようだ」と話した。
    ヘルスケアも軟調。CSL が1.4%安、ソニック・ヘルスケア 
は1.9%安となった。
    資源株は小高い。鉄鉱石大手フォーテスキュー・メタルズ 。グルー
プが好業績を受け、一時6.7%高を付けた。一方でブルースコープ・スチール
は決算が市場予想に達せず、22.6%安を記録。指数を押し下げた。 
    資源メジャーのBHPビリトン は1%高、リオ・ティントは1.
6%高。商品価格高を好感した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below