April 7, 2017 / 5:27 AM / 9 months ago

シドニー株式市場・中盤=続落、米軍のシリア攻撃受け

    [7日 ロイター] -   
 豪                   日本時間14時5    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,841.500  - 14.785   - 0.25  5,856.300
 指数                                                   
 前営業日終値             5,856.285                              
 
    7日中盤のシドニー株式市場の株価は続落した。米軍がシリアの軍
事施設に巡航ミサイルを発射したことで、地政学的なリスクが高まった
。
    S&P/ASX200指数 は日本時間14時5分時点で1
4.785ポイント(0.25%)安の5841.500。
    トランプ米大統領はアサド政権がシリア国内で化学兵器を使用し攻
撃を行ったとして、シリアの空軍飛行場に巡航ミサイル「トマホーク」
を50発以上発射するよう命じた。
    IGマーケッツのディーラー、クリス・ウェストン氏は「下落した
理由は明確だ。約50発のトマホークを発射するのをトランプ大統領が
許可したのを確認後、リスクオフに動いた」と語った。
    また「シリアのアサド政権からの報復があれば、市場は一段と下落
するだろう」と述べた。
    個別銘柄では、コモンウエルス銀行が一時0.7%下落。
シドニー市場では金融株の下落が株価全体の足かせとなった。
    ミサイル発射後、原油価格が急騰し、エネルギー株は2%
高。オリジン・エナジーが2.8%上伸した。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below