March 2, 2018 / 3:06 AM / 6 months ago

シドニー株式市場・中盤=続落、米鉄鋼輸入制限で鉱業株が安い

    [2日 ロイター] -   
    
 豪                  日本時間11時30    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,916.500  - 56.800   - 0.95  5,973.300
 指数                                                   
 前営業日終値             5,973.300                              
 
    2日中盤のシドニー株式市場の株価は続落。トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウム
に輸入制限を発動する方針を示した影響で、鉱業大手BHPビリトンが下げを主導してい
る。
  高関税を課す意向を米国が表明したことで、コモディティー(商品)価格は打撃を受
けており、貿易戦争の可能性も不安視されている。ブルー・オーシャン・エクイティーズ
の市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メーサン・ソマサンダラム氏は「国際貿易や世
界の成長を脅かす類いの動きは、必然的に市場の現実的なリスクになる」と指摘した。
  S&P/ASX200指数は0103GMT(日本時間午前10時03分)時点で、
前日終値比44.1ポイント(0.7%)安の5929.2で、3営業日続落となる見込
み。前日は0.7%安で終了した。週間では3週間ぶりの反落が予想されている。
  BHPは1.6%安で、約2週間ぶり安値。リオ・ティントは1.
2%安、鉄鉱石採掘の大手フォーテスキュー・メタルズは1%安まで下げた。
  地合い悪化は鉱業株以外にも波及している。金融株指数は0.5%安で、四大
銀行は0.2─0.8%安。
  こうした中、ウッドサイド・ペトロリアムは1.2%高。西オーストラリア
州や北部準州での液化天然ガス(LNG)施設の保守点検で、米シェブロンや英蘭系ロイ
ヤル・ダッチ・シェルなどとの提携を豪独占禁止当局に承認されたことが好感された。
  金価格が安全志向の買いで小幅上昇する中、金関連株も高く、指数の下げ幅縮小に一
役買っている。ニュークレスト・マイニングは1%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below