December 6, 2018 / 2:43 AM / 5 days ago

シドニー株式市場・中盤=続落、金融株や素材株が安い

    [6日 ロイター] -   
    
 豪                  日本時間11時33    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,644.900  - 23.500   - 0.41  5,668.400
 指数                                                   
 前営業日終値             5,668.400                              
    
    6日中盤のシドニー株式市場の株価は、3日続落となっている。世界的な成長減速や
、米国と中国の貿易摩擦をめぐる不安が足かせになった。
    4日の米株安に続いて米株式先物が急落し、アジア各地で弱気の地合いが強まった。
5日の米金融市場は、ブッシュ(父)元大統領死去に伴う「国民追悼の日」で休場。
    S&P/ASX200指数は0027GMT(日本時間午前9時27分)時点で、前
日終値比33.4ポイント(0.6%)安の5635.0。前日は0.8%安だった。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、マサ
ン・ソマスンダラム氏は「米国市場が再開し、状況がもう少し明確になるのを見極めよう
としている」と語った。
    この日はカナダ当局が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部を逮捕
したことを受けて、米中貿易摩擦の新たな火種となり、両国が合意に達する可能性が危う
くなるとの警戒感が生じている。
    指数を大きく引き下げたのは金融株と素材株。四大銀行は0.9─2
%安。
    鉱業大手のリオ・ティントとBHPグループは、それぞれ2%安、
2.5%安。卑金属相場が、最大需要国である中国の成長不安に圧迫されていることが背
景。
    エネルギー株指数は0.8%まで下落。世界の主要原油輸出国による減産協
議を前に、原油相場が下落したことが響いた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below