Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=続落、3週間ぶり安値近辺 銀行株が安い
April 19, 2017 / 5:05 AM / 9 months ago

シドニー株式市場・中盤=続落、3週間ぶり安値近辺 銀行株が安い

    [19日 ロイター] -       
 豪                 日本時間13時4    前日比      %      始値
                              7分                    
 S&P/ASX200      5,800.600  - 36.140  - 0.62  5,836.70
 指数                                                       0
 前営業日終値           5,836.740                            
   
    中盤のシドニー株式市場の株価は続落し、3週間ぶり安値近辺で推移している。オー
ストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が国内住宅市場の過熱ぶりに警戒を示したこと
を受け、銀行株が売られたほか、軟調な原油価格を背景にエネルギー株の下げが続いてい
る。
    S&P/ASX200指数 は日本時間13時47分時点で36.140ポイ
ント(0.62%)安の5800.600。
    市場の重しとなっている仏大統領選や米国と北朝鮮をめぐる緊張の高まりを背景に、
他の市場が幅広く弱含んでいることも株価の下押し要因となっている。
    アルゴノートのジェームズ・マクグリュー氏は「RBAが高騰する住宅価格について
、いくらか抑制されるのが望ましいとみているにもかかわらず、市場では利上げはないと
する見方が出ている」と指摘。その上で「金利は据え置かれるように見えるが、銀行は新
たな融資要件などにやや苦労するだろう」との見方を示した。
    18日に公表された4月のRBA金融政策決定会合の議事要旨では、住宅市場のリス
ク拡大が指摘された。規制当局は必要に応じて、さらなる過熱抑制策を講じる構えを見せ
ている。
    金融株指数は下落。四大銀行が0.8─1.4%安となり、下げを主導。
    不動産株も下落。セントレグループとストックランドがそれぞれ約
2.6%の下げ。
    エネルギー関連では、ウッドサイド・ペトロリアムが値を下げているほか、
オイル・サーチが四半期生産高の減少を受けて3週間ぶりの安値。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below