Reuters logo
シドニー株式市場・中盤=4日ぶり反発、金融・エネルギー株買われる
2017年2月28日 / 03:08 / 9ヶ月後

シドニー株式市場・中盤=4日ぶり反発、金融・エネルギー株買われる

    [28日 ロイター] -    
 豪                     日本時間11時41分     前日比        %        始値
 S&P/ASX200指数         5,740.500   + 16.318    + 0.29   5,724.200
                                                               
 前営業日終値                  5,724.182                                 
    
    シドニー株式市場の株価は4営業日ぶりに反発した。月末でファン
ドマネジャーが運用成績を改善しようとする中、金融株買いが株価全般
を支援した。
    IGマーケッツの市場ストラテジスト、エバン・ルーカス氏は「金
融株が(株価指数を)10ポイント押し上げている」と指摘。「きょう
は今月の最終営業日なのでお化粧買いが若干みられる」と説明した。
    S&P/ASX200指数 は日本時間11時41分時点で
16.318ポイント(0.29%)高の5740.500。まずまず
な内容の決算発表シーズンを経て、2月月間では2%超の上昇となる見
込み。
    金融株指数は序盤で最大1%上昇。ウエストパック銀行<WB
C.AX>が上昇を主導した。
    ナショナル・オーストラリア銀行は1.3%上昇して1年
半ぶり高値を記録。資産運用大手AMPは3.4%高。
    コモンウェルス銀行は最大1%高。
    エネルギー株も株価全般の上昇に貢献。エネルギー株指数は日中の
上昇率としては2016年12月以来の高さとなった。
    日中上昇率が過去最高を記録したエンジニアリングサービスのウォ
ーリー・パーソンズが上昇を主導し、15年7月以来の高値を
付けた。
    石油・ガス大手のサントスとエネルギー大手オリジン・エ
ナジーはそれぞれ2.4%高。
    一方、洗濯サービスのスポットレス・グループ・ホールディングス
は上場来安値を付け、15年12月以来の大幅な下落率を記録
した。
    同社が発表した中間決算(16年12月まで)は純損益が3億58
10万豪ドルの赤字に転落した。
    産金のニュークレスト・マイニングとエボリューション・
マイニングはそれぞれ最大4.7%と7.4%の下落。前日に
3カ月半ぶり高値を付けた金相場が反落したことが響いた。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below