November 16, 2018 / 3:35 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=ほぼ変わらず、米中貿易関係への懸念

    [16日 ロイター] - 
 豪                         日本時間12時18    前日比       %        始値
                                        分                     
 S&P/ASX200指数<.AX       5,741.800   + 5.800   + 0.10   5,736.000
 JO>                                                           
 前営業日終値                    5,736.000                               
 
    16日午前のシドニー市場の株価はほぼ変わらず。米株高にもかかわらず、米中貿易
関係をめぐる不透明感から投資家が慎重になり、商いは薄い。
    0126GMT(日本時間午前10時26分)時点で、S&P/ASX200指数<.
AXJO>は5.9ポイント高の5741.9。週間ベースでは、3%安に向かっている。
    アルゴノートのエグゼクティブ・ディレクター、ジェームズ・マクグリュー氏は、「
われわれは(米中貿易関係の)解決を期待している。投資家は、経済大国の両国がくしゃ
みをすれば、誰もが風邪を引くという事実を知っている」と指摘。また、豪市場の取引は
非常に低水準だと述べた。
    資源株は、コモディティー価格の継続的な上昇を背景に堅調に推移。金属・鉱業株指
数は1%高だが、週間ベースでは3.1%の下げ。BHPビリトンは1
.4%高、リオ・ティントは1.7%高。
    エネルギー株は一時1.2%高。週間ベースでは2週連続のマイナスになる
見込み。
    石油・ガス大手サントスは一時2.2%高。豪競争・消費者委員会(ACC
C)が、同社によるクオドラント・エナジー買収について、反対しない方針を示したこと
が好感された。
    金融株は今週の下落分を一部取り戻し0.7%高。金融株指数は週間ベース
で4%安。4大銀行のうち、3行は上昇。コモンウェルス銀行は一時1.2%高
。
    豪最大の投資銀行マッコーリー・グループは最大3.4%高。2019年度
の増益予想を10%から15%に引き上げたことが好感された。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below