February 15, 2019 / 3:01 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=ほぼ横ばい、低調な米小売売上高が重し

    [15日 ロイター] - 
 豪                         日本時間11時43   前日比       %       始値
                                        分                    
 S&P/ASX200指数<.AX       6,063.400  + 4.000   + 0.07  6,059.400
 JO>                                                          
 前営業日終値                    6,059.400                             
 
    15日午前のシドニー株式市場の株価はほぼ横ばい。エネルギー株主導で上昇したも
のの、昨年12月の米小売売上高の大幅減少が重しとなった。
    S&P/ASX200指数       は0040GMT(日本時間午前9時40分)時
点で、4.6ポイント(0.08%)高の6064.7。前日は0.1%安で引けた。週
間ベースでは下げる見込みになっている。
    レアアース(希土類)開発会社ライナスは、一時8.2%上昇して2カ月超
ぶり高値。廃棄物の管理についてマレーシア政府と合意に達したことが好感された。
    ヘルスケア指数は0.5%安。主要銘柄のCSLが1%下げ、ヘル
ススコープも0.8%下落したことが重しになっている。
    金融サービス大手AMPは、2.7%安まで下げた。14日に公表した業績
見通しが弱い内容だったことが嫌気された。
    四大銀行のうち、コモンウエルス銀行(CBA)とナショナル・オーストラ
リア銀行(NAB)、ウエストパック銀行の3行はいずれも下落。
    エネルギー株は原油価格につれ高。ビーチ・エナジーは2.4%高と、4カ
月ぶり高値。オイル・サーチは0.4%高で、1週間ぶり高値を付けた。
    一方、石炭大手ホワイトヘイブン・コールは4.4%安。今年の生産見通し
を引き下げ、コスト上昇を予想したことが嫌気された。
    不動産情報サービスのドメイン・ホールディングス・オーストラリアは一時
11.9%上昇し、約2週間ぶり高値。2019年度上半期の売上高が予想を上回ったこ
とが材料視された。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below