August 3, 2018 / 4:51 AM / 4 months ago

シドニー株式市場・午前=反発、米ハイテク株高を好感

    [3日 ロイター] -   
 豪                         日本時間13時18   前日比      %       始値
                                        分                   
 S&P/ASX200指数<.AX       6,236.900  - 4.000  - 0.06  6,240.900
 JO>                                                         
 前営業日終値                    6,240.900                            
 
    午前のシドニー株式市場は反発した。米中貿易戦争がオーストラリア経済に与える悪
影響が懸念されているが、ハイテク株主導で米株価が上昇し、好地合いがシドニー市場に
も波及した。
    S&P/ASX200指数       は0200GMT(現地時間正午、日本時間午前
11時)時点で0.1%高の6247.3。ただ、週を通じては下落となる見込み。
    素材株など主要セクターが株価全般の上値を抑えた。オーストラリアにとって中国は
最大の輸出市場であり、中国の需要鈍化は豪州の輸出業者に打撃となる。
    足元では、貿易戦争への懸念を背景とした豪ドル安が一部の輸出依存度の高いセクタ
ーを支援している。
    株価全般を特に押し上げたのはヘルスケア株で、主要銘柄のCSLが1.4
%高。アルゴノートの法人株式取引担当エグゼクティブディレクター、ジェームズ・マク
グルー氏は「豪ドルが輸出業者を助けている。CSLは収入のかなりの部分を海外で稼い
でいる」と指摘した。
    原油高を受けてエネルギー株も上昇し、ウッドサイド・ペトロリアムは0.
9%高、オリジン・エナジーが1.6%高。
    1日発表の半期決算がさえない内容となった鉱業大手リオ・ティントは続落
。金属相場安に加え、米中貿易摩擦を受け需要の不透明感が増す中で、鉱業株は全般的に
軟調だった。
    BHPビリトンは小幅安。チリのエスコンディーダ銅山でストライキが実施
される可能性が嫌気された。 
    金融株は下落。コモンウェルス銀行は1%余り下げて1カ月ぶり安値を付け
た。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below