March 27, 2018 / 3:14 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=反発、貿易戦争懸念が後退

    [27日 ロイター] - 
 豪                    日本時間11時37     前日比       %        始値
                                   分                      
 S&P/ASX200指        5,829.800   + 39.300   + 0.68   5,790.500
 数                                                        
 前営業日終値               5,790.500                                
 
    27日午前のシドニー株式市場の株価は、米国株に追随して反発。米国と中国が通商
問題の解決に向けて水面下で交渉を開始したとの報道を受けて、貿易戦争が回避できると
の期待が台頭した。
    S&P/ASX200指数は0100GMT(現地時間正午、日本時間午前10時)
時点で、33.7ポイント(0.6%)高の5824.6。前日は0.5%安だった。
    証券会社ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジス
ト、メーサン・ソマサンダラム氏は「米国市場の大幅反発を眺め、(シドニー市場は)安
堵(あんど)感から反発している」と指摘。ただ、世界経済成長など構造問題があるため
、反発は短期的になるとみているという。
    金融株指数は0.8%高と、上昇率は約2週間ぶりの高水準を記録。コモン
ウェルス銀行(CBA)は0.7%高、ウエストパック銀行は0.4%
高。
    素材株も金属相場が下落しているにもかかわらず上昇。BHPビリトンは0
.5%高、リオ・ティントは0.9%高。
    ただ、鉄鉱石採掘大手フォーテスキュー・メタルズは2.7%急落し、約1
年半ぶり安値。6月末に終わる当期の販売価格ガイダンスを引き下げたことが嫌気された
。
    独立系産金業者の国内最大手ニュー・クレスト・マイニングは1.4%安。
27日にカディア鉱山の採掘再開を発表したものの、処理再開まで鉱石を地上で保管する
とを明らかにした。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below