February 14, 2019 / 2:55 AM / 4 days ago

シドニー株式市場・午前=反発、鉱業や石油関連銘柄が堅調

    [14日 ロイター] - 
 豪                         日本時間11時33   前日比       %       始値
                                        分                    
 S&P/ASX200指数<.AX       6,069.900  + 6.300   + 0.10  6,063.600
 JO>                                                          
 前営業日終値                    6,063.600                             
 
    14日午前のシドニー株式市場の株価は反発。好調な決算やコモディティー(商品)
相場高を受けて、鉱業株や石油関連株が上昇を主導した。ただ、スキャンダルに見舞われ
ている資産運用大手AMPは下落しており、上値を抑えた。
    S&P/ASX200指数       は0029GMT(日本時間午前9時29分)時
点で、10.5ポイント(0.17%)高の6074.1。前日は0.25%安だった。
    米中貿易摩擦の緩和兆候を背景に、リスク地合いが幅広く改善して相場を押し上げた
。
    石油・ガス大手ウッドサイド・ペトロリアムは一時2.3%上昇し、約4週
間ぶりの高値を付けた。同社は多額の配当を発表して投資家を驚かせた。
    原油相場高を好感して、サントスは2.3%高と昨年10月以来の高値を付
けた。オイル・サーチは1.6%高。
    鉱業大手BHPビリトンは銅相場高を好感し、1.66%上昇して約8年ぶ
りの高値を付けた。
    AMPや保険大手サンコープ・グループは通期・中間決算が低調な
内容となったことを受けて下落し、他の金融銘柄の上昇を相殺した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below