November 29, 2018 / 2:47 AM / 12 days ago

シドニー株式市場・午前=反発、鉱業株と金融株が高い

    [29日 ロイター] - 
 豪                         日本時間11時34    前日比       %       始値
                                        分                     
 S&P/ASX200指数<.AX       5,752.100  + 27.000   + 0.47  5,725.100
 JO>                                                           
 前営業日終値                    5,725.100                              
 
    29日午前のシドニー株式市場は反発。利上げ打ち止めを示唆する
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けた米国市場の上
昇に追随し、約2週間ぶり高値まで上昇した。
    S&P/ASX200指数       は0102GMT(現地時間午
後0時02分、日本時間午前10時02分)時点で、前日終値比37.
7ポイント(0.7%)高の5763.0。前日は0.06%安で終了
した。
    幅広い銘柄が上昇し、金融や鉱業の大型株が指数上昇をけん引した
。
    金属・鉱業株指数は、鉄鉱石や非鉄金属の相場上昇を受け
て2%高。BHPグループは2.5%高まで上げた。チリ第2
の規模であるスペンス銅山でストライキが終結し、平常通りの操業に戻
ったと発表したことが支援材料になった。
    また、リオ・ティントは3.2%高。同社は西オーストラ
リアのクーダイデリ鉄鉱石鉱山への投資計画(26億ドル)を進めると
表明した。
    金融株指数は米国の同業に追随し、1.1%高。四大銀行
は1.2─2.0%上昇した。
    こうした中、廃棄物処理会社ビンゴ・インダストリーズは
13%超下げ、日中の下落率が指数構成銘柄で最大となった。同社が競
合相手のダイアルAダンプを5億7750万豪ドル(4億2169万ド
ル)で買収することについて、オーストラリアの競争当局が批判的見解
を示したのが悪材料となった。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below