September 18, 2018 / 4:36 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=反落、素材・エネルギー株が安い

    [18日 ロイター] - 
 豪                  日本時間13時15    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        6,155.200  - 29.800   - 0.48  6,185.000
 指数                                                   
 前営業日終値             6,185.000                              
    午前のシドニー株式市場の株価は、素材株、エネルギー株を中心に反落。米中貿易摩
擦の激化により、商品・原油相場が圧迫されたことが影響した。
    S&P/ASX200指数は0200GMT(日本時間午前11時)時点で、12.
2ポイント(0.2%)安の6172.8。
    鉱業株など素材株は下落。米国が中国に新たな制裁関税を課すことが明らかになり、
金属相場が下げたことが嫌気された。
    ロンドン金属取引所(LME)の銅相場は0.8%安。中国・大連市場の鉄鉱石相場
は0.5%安。これを受け、BHPビリトンは0.8%安となった。
    ニュークレスト・マイニングは2.4%下げ、8月24日以来の下落率とな
った。セント・バーバラは2.3%安。
    エネルギー株は、米中貿易摩擦により石油需要の先行き不透明感が強まり下落。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メー
サン・ソマサンダラム氏は「関税率が上がるほど成長率は下がり、それは原油需要の減少
を意味する」と指摘した。
    オリジン・エナジーは3.1%下落し1週間ぶりの安値。ウッドサイド・ペ
トロリアムは1%安。
    ヘルスケア株は利益確定の売りで下落。CSLは1.2%安。人工内耳大手
コクレアは1.3%下落し1カ月超ぶりの安値。
    一方、金融株は上昇した。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は0.
8%高、コモンウエルス銀行は0.4%上昇し8月31日以来の高値を付けた。
    ソマサンダラム氏によると「グローバルに活動する投資家は、新興国市場から引き揚
げた資金を代替として豪市場に投じている」といい、これが豪州の銀行株が比較的好調を
維持している要因とみられる。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below