November 30, 2018 / 3:44 AM / 17 days ago

シドニー株式市場・午前=反落、金融株が下げ主導

    [30日 ロイター] - 
 豪                          日本時間12時30    前日比       %       始値
                                         分                     
 S&P/ASX200指数<.AXJ       5,694.100  - 64.300   - 1.12  5,758.400
 O>                                                             
 前営業日終値                     5,758.400                              
 
    30日午前のシドニー株式市場の株価は反落。米国市場につれ安し、金融株が下げを
主導した。
    S&P/ASX200指数       は0034GMT(現地時間午前11時34分、
日本時間午前9時34分)時点で、前日終値比79.4ポイント(1.4%)安の567
9.0。前日は0.6%上昇していた。
    豪コカ・コーラ・アマティル(CCA)が6カ月ぶりの安値を付け、S&P
/ASX200指数の重しとなった。同指数は現時点では、週間ベースで3週連続下落の
見通しとなっている。
    20カ国・地域(G20)首脳会議出席に合わせて行われるトランプ米大統領と中国
の習近平国家主席との会談を前に、市場は神経質になっている。
    金融株は1.6%安。4大銀行は一時、1.4─1.7%下げた。金融業界
の不正を追及する政府特別調査委員会は、最終的な公聴会を開く。
    アルゴノートの法人株式ブローキング部門のエグゼクティブ・ディレクター、ジェー
ムズ・マクグリュー氏は「市場は悪材料を全て織り込んだはずだが、サプライズの可能性
を捨てきれず、神経質になっている」と指摘した。
    エネルギー株指数は0.4%高。今月約22%下落した原油価格が29日、ロシアが
減産を示唆したことを受け、一時2%上昇した。
    石油・ガス関連のビーチ・エナジーは一時0.7%高、ウッドサイド・ペト
ロリアムは0.9%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below