March 8, 2019 / 2:55 AM / 16 days ago

シドニー株式市場・午前=反落、ECBのハト派声明受け

    [8日 ロイター] -   
 豪                          日本時間11時47    前日比       %       始値
                                         分                     
 S&P/ASX200指数<.AX        6,213.200  - 50.700   - 0.81  6,263.900
 JO>                                                            
 前営業日終値                     6,263.900                              
 
    午前のシドニー株式市場は反落し、金融株や鉱業株が軟化した。欧州中央銀行(EC
B)の予想外にハト派な声明を受けて、世界経済の現状を巡る懸念が強まった。
    S&P/ASX200指数       は0033GMT(日本時間午後9時33分)時
点で、前日終値比39.3ポイント(0.6%)安の6224.6。前日は0.3%上昇
した。
    週間では0.5%上昇し、3週続伸となる見通し。
    投資助言会社マッケナ・マクロの創業者、グレッグ・マッケナ氏はS&P/ASX2
00指数は6300の上値抵抗線に直面すると指摘した。
    
    金融株指数は約1.2%下げ、コモンウェルス銀行(CBA)は1
.8%安、ウエストパック銀行は1.3%安。両社の最高経営責任者(CEO)
は、豪金融機関の不正問題に関する議会の公聴会に出席する。
    オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)と、ナショナル
・オーストラリア銀行はそれぞれ1.5%超安。
    鉱業株もS&P/ASX200指数を押し下げ、BHPやリオ・テ
ィントはそれぞれ1.8%安。前日の銅相場安が重しとなった。 
    オートモーティブ・ホールディングス・グループと、インフィジェン・エナ
ジーは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが18日に指数の構成銘柄から
両社を除外すると発表されたことが嫌気され、S&P/ASX200指数構成銘柄で下落
率上位。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below