October 18, 2018 / 2:36 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=反落、FOMC議事要旨が重し

    [18日 ロイター] - 
 豪                         日本時間11時22    前日比       %       始値
                                        分                     
 S&P/ASX200指数<.AX       5,929.100  - 10.000   - 0.17  5,939.100
 JO>                                                           
 前営業日終値                    5,939.100                              
 
    18日午前のシドニー株式市場の株価は、商品(コモディティー)関連株の下落が主
導する形で反落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を受けて連邦準
備理事会(FRB)が追加利上げに動く見通しが強まり、世界各地で株安となったことに
追随した。
    S&P/ASX200指数       は0109GMT(日本時間午前10時09分)
時点で18.5ポイント(0.3%)安の5920.6。前日は1%高で終了していた。
    鉱業株指数は1%超下落。BHPビリトンは一時1.7%安まで下
げた。ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メ
ーサン・ソマサンダラム氏は「FOMC議事要旨の公表後、ドル相場は若干上昇した。こ
れは(ドル建てで取引される)商品相場にとっては通常、マイナス要因になる」と指摘し
た。
    エネルギー株指数は、原油相場が下落した影響で1.5%安。サントス<STO.
AX>とウッドサイド・ペトロリアムは、四半期決算の売上高が市場予想を上回っ
たものの、株価はそれぞれ1.7%安となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below