October 3, 2018 / 4:34 AM / 18 days ago

シドニー株式市場・午前=小反発、資源株・銀行株が高い

    [3日 ロイター] -   
 豪                  日本時間13時24    前日比      %       始値
                                 分                    
 S&P/ASX200        6,141.600  + 15.400  + 0.25  6,126.200
 指数                                                  
 前営業日終値             6,126.200                             
 
    午前のシドニー株式市場は小反発。非鉄金属や金の相場高を背景に資源関連株が上昇
したほか、金融業界の不正を追及する豪政府の特別調査委員会の中間報告を受けて続落し
ていた金融株も上げた。
    S&P/ASX200指数は0200GMT(現地時間正午、日本時間午前
11時)時点で、前日終値比0.3%高の6146。2日は0.8%安だった。
    鉱業株は前日の非鉄金属相場高を受けて上昇。BHPビリトンは1.3%高
、リオ・ティントは1.2%高となった。
    セント・バーバラは8%近く上げ、約1週間ぶりの高値。エボリューション
・マイニングは3.8%高、ニュークレスト・マイニングは2.4%高
となっている。
    金融株は小高い。ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)はわ
ずかに下落したが、コモンウエルス銀行は0.7%高。
    CMCマーケッツ・アンド・ストックブローキングのチーフストラテジスト、マイケ
ル・マッカーシー氏は、「(特別調査委の手続きが)終わるのには何カ月もかかる。来年
半ばまで目を引くような勧告が出ることはない」と語った。金融株は既にリスクを織り込
もうとしてきており、3日の取引では「若干のプラス圏」を維持するだろうと予想した。
 
    保険会社フリーダム・インシュアランス・グループは29%安。同社は2日
、特別調査委の中間報告を受け、従業員の過半数を削減するとともに最高経営責任者(C
EO)、最高財務責任者(CFO)が退任するなどと発表した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below