January 10, 2019 / 3:08 AM / 9 days ago

シドニー株式市場・午前=小反落、BHPが安い

    [10日 ロイター] -   
 豪                          日本時間11時39    前日比       %       始値
                                         分                     
 S&P/ASX200指数<.AXJ       5,757.000  - 21.300   - 0.37  5,778.300
 O>                                                             
 前営業日終値                     5,778.300                              
 
    午前のシドニー株式市場は、米中貿易協議の詳細を見極めようとする姿勢が広がる中
、小反落した。鉱業の世界最大手BHPビリトン株の下落が指数の重しになった。
    S&P/ASX200指数       は0100GMT(日本時間午前10時00分)
時点で、前日終値比5.8ポイント(0.1%)安の5772.5。前日は約1%高で終
了した。
    中国がオーストラリア産の商品(コモディティー)や資源の主要買い付け国であるこ
とから、オーストラリア市場は中国情勢の影響を受けやすい。CMCマーケッツの主任市
場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「米中の次官級貿易協議が3日間に延長
されたことを市場は良い材料と受け止めたが、現実には実質的な合意が結ばれるまで長い
時間がかかることを見通している向きが多い」と語った。
    エネルギー株指数は、原油価格の上昇を背景に1.6%高と11月19日以
来の高値まで上げ、6営業日続伸の見込みになっている。主力銘柄のウッドサイド・ペト
ロリアムは一時1.7%高と、1カ月半ぶりの高値。サントスは1.1
%高。
    ただ、オーストラリア最大の上場企業であるBHPは配当落ちで取引され、
4.3%安と日中の下落率が約11カ月ぶりの大きさとなった。 
    こうした中、ドル下落で金への投資妙味が高まったことを受けて、金関連株指数<.AX
GD>は1.1%上昇した。ニュークレスト・マイニングは一時1.1%高と、約
1年ぶり高値を付けた。セント・バーバラは0.9%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below