February 23, 2018 / 4:30 AM / 6 months ago

シドニー株式市場・午前=続伸、コモンウェルス銀が底堅い

    [23日 ロイター] - 
 豪                 日本時間13時5    前日比      %      始値
                               分                    
 S&P/ASX200      6,000.400  + 49.500  + 0.83  5,950.90
 指数                                                       0
 前営業日終値           5,950.900                            
    
    23日午前のシドニー株式市場の株価は好決算を受けて続伸。豪金融取引報告・分析
センター(AUSTRAC)がコモンウェルス銀行を相手取って起こした訴訟で、同行は
原告の主張の一部について非を認めたが、市場は冷静な反応だった。
    S&P/ASX200指数は0102GMT(日本時間午前10時02分)時点で3
4.4ポイント(0.6%)高の5985.3。
    コモンウェルス銀が一時0.6%上昇し、S&P/ASX200指数の押し
上げに貢献した。マネーロンダリング(資金洗浄)関連法違反容疑を巡りAUSTRAC
が新たに提示した100件の主張について、同行はその大半を否定した。
    データセンター運営のネクストDCが一時20.9%急伸し、上場来高値を
付けた。中間期決算でコア利益が大幅に増加したことが好感された。
    鉱業大手BHPビリトンは1.4%高と2日続伸。今週は21日まで下落し
ていた。中国の鉄鉱石価格の上昇を背景に、リオ・ティントは一時1.4%高。
    ブレント原油先物相場が約1.5%高で引けたことを受け、豪エネルギー株指数は0
.7%高。カルテックス・オーストラリアは一時1.9%上伸。
    訴訟ファンドのIMFベンサムは一時16.4%急落。中間期決算で損失を
計上したことが響いた。
    生活必需品株が値下がりし、ウールワースは一時3.3%安。同社の中間期
決算は約15%の増益だったが、ブルー・オーシャン・エクイティーズのソマサンダラム
氏は「ウールワースは現在、成長企業として値が付いている。楽観的な見方から現実に立
ち戻りつつある」と説明した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below