October 5, 2018 / 4:27 AM / 15 days ago

シドニー株式市場・午前=続伸、金融株が上昇

    [5日 ロイター] -   
 豪                         日本時間12時59    前日比      %         始値
                                        分                    
 S&P/ASX200指数<.AX       6,189.800  + 13.500  + 0.22    6,176.300
 JO>                                                          
 前営業日終値                    6,176.300                               
 
    午前のシドニー株式市場は続伸。相次ぐ不正行為の発覚を受けて売り込まれていた金融株が一時的に上
昇した。数週間にわたって下げ基調が続いたため、高配当を目当てに安値拾いの買いが入った。
    S&P/ASX200指数       は0200GMT(現地時間正午、日本時間午前11時)時点で、
前日終値比0.3%高の6196.4。
    金融株は0.7%高。ただ、オーストラリア政府特別調査委員会による数カ月間の調査で業界
全体に不正行為が蔓延していたことが明らかになったため、週間では現時点で1.2%安となっている。
    CMCマーケッツ・アンド・ストックブローキングの主任ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏
は「これに絡むリスクを考慮しても、銀行の株価は配当利回りの面で高い投資妙味を見込める水準まで下落
している」と分析。現時点で銀行株の配当利回りは8─10%だと指摘した。
    ウエストパック銀行は0.7%高と、四大銀行の中で最も上昇している。AMPも同
水準の上昇率となっている。
    資源株は、原油価格が前日から値を戻したことを背景に、エネルギー株主導で上昇。ただ、2019年
の生産見通しとコア利益見通しを引き下げたビーチ・エナジーが7.3%安と、約1週間ぶり安値
を付けたことが響き、上値は抑制された。
    鉱業株のうち、アルミナは1.3%安。前日のアルミニウム価格下落が響いた。BHPビリト
ンは0.6%安、リオ・ティントは0.4%安。 
    一方、産金株指数は1.7%高。セイント・バーバラは6.2%高で、指数上昇を主
導した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below