February 1, 2018 / 3:43 AM / 24 days ago

シドニー株式市場・午前=続伸、金融株と素材株がけん引

    [1日 ロイター] -   
 豪                  日本時間12時15    前日比      %        始値
                                 分                    
 S&P/ASX200        6,082.900  + 45.200  + 0.75   6,037.700
 指数                                                  
 前営業日終値             6,037.700                              
 
    2月1日午前のシドニー株式市場の株価は続伸。米国市場の反発を受け、鉱業株や金
融株の力強い上伸が相場をけん引している。製造業の堅調ぶりを示した指標も好感された
。
    S&P/ASX200指数は0109GMT(日本時間午前10時9分)時
点で、42.7ポイント(0.7%)高の6080.4。前日は0.3%高だった。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メー
サン・ソマサンダラム氏は「コモディティー市場は全体的に堅調だ。米ドル相場は引き続
き圧迫されており、素材相場を一段と支援。また、豪ドルは相対的に高い」と指摘。豪ド
ルが強含む中、金融株は現在、為替の影響を受けやすくなっていると述べた。
    金融株指数は急騰し、約2週間半ぶり高値付近に達している。4大銀行は0.6─1
.2%高。コモンウェルス銀行(CBA)は1.1%高で、指数に大きく寄与し
た。
    CBAはマネーロンダリング(資金洗浄)防止法に違反した疑いで、健全性規制庁(
APRA)の調査対象になっている。APRAは中間報告を公表する一方、CBAの企業
統治や説明責任などに関する判断を、4月に予定されている最終報告まで留保した。
    素材株も買われ、BHPビリトンは0.9%高、リオ・ティントは
0.3%高。前日の銅価格上昇や米ドル安が背景。
    指数構成株のうち上昇率トップは、家庭用品販売業者のGUDホールディングス<GUD
.AX>の5.1%で、7カ月ぶり高値を付けた。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below