August 29, 2018 / 4:47 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=続伸、金融株と素材株が高い

    [29日 ロイター] -   
 豪                 日本時間13時3    前日比      %      始値
                              4分                    
 S&P/ASX200      6,330.800  + 26.100  + 0.41  6,304.70
 指数                                                       0
 前営業日終値           6,304.700                            
 
    29日午前のシドニー株式市場は続伸。世界的な貿易摩擦の緩和に対する投資家の期
待を背景に、金融株や素材株が上昇をけん引した。
    S&P/ASX200指数は0200GMT(日本時間午前11時)時点で、20.
4ポイント(0.3%)高の6325.1。前日は0.6%高だった。
    金融株は大幅高となり、保険大手サンコープとQBEインシュアランス<QBE
.AX>は上昇率がいずれも1%を超えた。4大銀行の株価も上昇し、ナショナル・オースト
ラリア銀行(NAB)は約1%高。
    素材株は、商品(コモディティー)相場に支援された。BHPビリトンは1
%高で、5営業日続伸の見込み。米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交
渉で大筋合意したことを受け、米国と中国の貿易交渉も合意に達するとの期待が高まった
状況を映した。
    一方、金関連株指数は下落。米中貿易摩擦を巡る不安を背景に、金価格が1
%安まで下げたことが響いた。セント・バーバラは2.5%安。指数は一時1%
超下げたものの、その後下げ幅は縮小した。
    建材大手ボラルは約8%高と急騰。通期決算が増益となったことに加え、2
019年度の北米のコア収益が20%超増加する見通しを示したことが好感された。
    通信大手テルストラは、配当落ちで株価が急落。また、国内航空2位のヴァ
ージン・オーストラリア・ホールディングスは4%安。通期決算で基調的損益が
黒字に転換したものの、燃料コストの上昇が嫌気された。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below