January 23, 2019 / 2:33 AM / a month ago

シドニー株式市場・午前=続落、世界成長を懸念 鉱業・エネルギー安い

    [23日 ロイター] - 
 豪                         日本時間11時5   前日比      %        始値
                                       分                   
 S&P/ASX200指数<.AX      5,856.500  - 2.300  - 0.04   5,858.800
 JO>                                                        
 前営業日終値                   5,858.800                             
 
    23日午前のシドニー株式市場の株価は、前日の米株安を受けて続落している。コモ
ディティー(商品)株とエネルギー株が下落を主導した。世界経済成長の減速や貿易摩擦
を巡る懸念に加え、企業の業績予想が予想を下回ったことが、投資家のリスク選好を圧迫
した。
    S&P/ASX200指数       は0040GMT(現地時間午前11時40分、
日本時間同9時40分)時点で前日終値比8.7ポイント(0.2%)安の5850.1
。
    国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通しを下方修正してから、世界的に投資家
心理は脆弱(ぜいじゃく)なままだ。IMFの予想引き下げは、欧州の弱さの兆しや、長
引く米中貿易戦争が主に反映されている。
    英紙フィナンシャル・タイムズが22日、来週予定される米中閣僚級の貿易協議につ
いて、中国が提案した準備会合の開催を米国が拒否したと報じたことを受けて、貿易戦争
が引き続き市場のムードを圧迫した。ただ、カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は
報道を否定した。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メー
サン・ソマサンダラム氏はS&P/ASX200指数の今年に入ってからの力強い上昇に
言及し、「総じてこれまでかなり大きく上げてきたので、勢いが若干失速しつつある」と
指摘した。同指数は年初来で3.7%高。
    オーバーナイトでの金属価格安が重しとなり、豪金属・鉱業株指数は0.9
%下げて2週間超ぶりの安値。S&P/ASX200指数を押し下げた。
    鉱業大手BHPグループは1%下落し、4日以来の安値。同業リオ・ティン
トは0.6%安。
    北海ブレント原油が2%余り下げたことでエネルギー株への投資意欲が減退
し、豪エネルギー株指数は1.3%安。
    第4・四半期生産統計を24日に発表予定のガス生産大手サントスは1.5
%安。石油・ガス大手オイル・サーチは最大2.5%下げ、2週間ぶり安値を付
けた。
    生命保険と資産運用を手掛けるチャレンジャー・リミテッドは14.4%急
落。中間期利益が97%減になるとの見通しを示したことが嫌気された。
    一方、株価が不安定な時期にディフェンシブな業種として買われるヘルスケア株は、
業種別指数が0.6%高となった。
    CSLは0.8%高、病院経営大手ラムゼイ・ヘルス・ケアは0.
5%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below