September 13, 2018 / 5:08 AM / 7 days ago

シドニー株式市場・午前=続落、金融株が安い

    [13日 ロイター] -   
 豪                         日本時間13時48    前日比      %       始値
                                        分                    
 S&P/ASX200指数<.AX       6,141.300  - 34.600  - 0.56  6,175.900
 JO>                                                          
 前営業日終値                    6,175.900                             
 
    午前のシドニー株式市場は続落。政府の特別調査委員会によって金融業界の新たな不
正が判明したことが嫌気され、金融株が下げた。一方、素材株が商品相場の回復を背景に
上昇し、指数の下げ幅は縮小した。
    S&P/ASX200指数       は0200GMT(日本時間午前11時)時点で
、30ポイント(0.5%)安の6145.90。前日は3.80ポイント安だった。
    オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は0.7%安と、3週間
ぶりの安値付近に下げた。コモンウェルス銀行(CBA)は1%安。
    小売り大手ウールワース・グループは2.7%安と約4カ月ぶりの安値まで
下げた。
    今年50%近く上昇し、高値圏となっている医薬品大手SCLは1.5%安
。CMCマーケッツのチーフ・マーケット・ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏
によると、CSLは最高値を付けた後、売られやすくなっており、豪ドル高も重しになっ
ているという。
    非鉄金属相場が回復し中国大連市場の鉄鉱石先物が急騰したことから、鉱業株への買
い意欲は強かった。BHPビリトンは1.6%高と、約1週間ぶりの高値。リオ
・ティントは1.9%高と、約2カ月ぶりの上昇率となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below